2018年1月16日

人が「よい」と思うことと、犬が「うれしい」と感じることの違い

犬と人は、異なる動物である。

そんな当たり前のことも、一緒に暮らしているとつい
忘れてしまうようなことってありませんか?

犬はすごく人間に近いところで生活していて
いろんな時間を共有してくれます。

仕事で落ち込んだから犬相手に愚痴ってみる。(←私はよくします)
自分が行ってみたい場所に犬も一緒に連れて行ってみる。
自分が嬉しいことなら、犬も嬉しいかなと思ったりする。
美味しいものを食べたら、犬も欲しいかなと思ったりする。

どれも特段悪いということはないと思います。
飼い主と同じ時間を共有することは、犬にとって間違いなく大事です。

ただし、犬は時として身の回りで起こることや聞こえる音に対し
私たちが思ってもいないような「学習」することががあります。
それはきっと私たちが
「犬は身の回りの世界を人とは違った見方をする」ことを
つい忘れがちだから。

先日、うちの犬を連れて公園を散歩していた時のことです。
3歳ぐらいの男の子がなんとなくこちらをちらちら見ながら
そろりそろり近づいてきます。

後ろからきたお母さんが
「ご挨拶は?」と男の子に声をかけると

男の子はちょっぴりそっぽを向きます。
そして、うちの犬の揺れるしっぽを見ながら
こんにちは」と小さな声で挨拶してくれました。

お母さんが
「ちゃんとお顔を見て挨拶しなきゃダメでしょう」
というのを聞いて
私はうーん…と心の中で唸りました。

(私としてはそっぽを向いて小さな声で挨拶してくれた方がありがたいです)

でも、そう言うのは
その場ではちょっと空気を壊しそうな気がして
なんとなく口を閉ざしました。
(パピークラスの場では口にするのですが)

人のルールと
犬のルールが
違うことは
意識しないとつい忘れてしまいます。

犬は目をじっと見て挨拶されることを
好まない動物です。

怖がりなうちの犬にとっては
その男の子の挨拶は「プレッシャーが少ない」ご挨拶だったので
引き続きゆったりしっぽを振りながら
その男の子とお母さんが、公園の小山を駆け上るのを見送りました。

さて
こうして
「怖がりなワンコさんをじーっと見ないでくださいね」
とよく口にしている自分自身が

昨日お散歩中にこちらをじーっと見ている
柴の雑種を見かけた時
なんとなく嬉しくなったことを白状します。

犬と目があうことって
人にとっては、なんとなく嬉しい。
たぶん理由などなしに。

じーっと見ている犬は
純粋に人に興味があったり、寄ってこないかなーと見ていることもあると思います。
でも、昨日会った犬さんはどうやら怖がっていて
私の次の動きは何か…を観察しているようでした。

冷静な自分は、そうして
「イヌガコワガッテルナラメセンヲハズソウ」と考えます。
でも、最初に目が合った時はやっぱり嬉しくて、
本音を言えばもう少し傍に行きたいな~と思ったのです。
(その犬は先々代のワンコのシニア期に少し似てたんです)

さて、そんな話をしながらも
私は相棒犬がドッグベッドで寝ているのを見ると
毛布を上にかけてみることを性懲りもなく続けています。

相棒犬は10分ぐらいは毛布かけたままでいるけど
しばらくするお気に召さない様子で
毛布を蹴って、その上に乗って、掘って掘って
自分で寝床を作り直します。